歌手.西城秀樹さん死去 63歳

发言 回复打印

2020条/页,1页

1
您是第2407位读者

楼主 RIP2018/5/17 13:45:59

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000098-spnannex-ent

歌手.西城秀樹さん死去 63歳 傷だらけのローラ、ヤングマンなど大ヒット

5/17(木) 12:26配信

图片点击可在新窗口打开查看

 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」などのヒットで知られる歌手の西城秀樹(さいじょう.ひでき、本名.木本龍雄=きもと.たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったことが17日に分かった。63歳だった。広島市出身。2003年と11年に脳梗塞を発症、右半身麻痺の後遺症が残っていた。4月25日に人院し、そのまま帰らぬ人となった。

【写真】昨年8月、静岡での公演で「YOUNG MAN」を披露し観客を沸かせた西城秀樹さん

 通夜は25日午後6時、葬儀.告別式は26日午前11時から、いずれも青山葬儀所で営まれる。

 小学5年生で兄とバンドを組み、高校時代にジャズ喫茶で演奏していた際にスカウトされ、家族の反対を押し切って上京。1972年(昭和47)3月に「恋する季節」でデビューした。郷ひろみ、野口五郎とともに「新御三家」と呼ばれトップアイドルとなった。73、74年と連続して日本レコード大賞歌唱賞を受賞。テレビドラマ「寺内貫太郎一家」(74年、TBS)、映画「愛と誠」(74年)に出演し、芸域を広げた。ハウス食品「バーモントカレー」のCMには73年から12年間出演、「ヒデキ、感激!」などのキャッチフレーズは商品とともに世に広まった。

 その後「炎」(78年)、「勇気があれば」(79年)、「ギャランドゥ」(83年)などのヒットを飛ばし、外国曲のアレンジとなった「YOUNG MAN」では、両腕を使って「Y.M.C.A.」を表現する振り付けが流行し、子供から大人まで親しまれ、TBS「ザ.ベストテン」では2週連続「9999点」の満点という唯一の記録を打ち立てた。

 03年に韓国でのディナーショーの後、脳梗塞を発症。言葉をうまく発音できないなどの障害に見舞われながらリハビリで復帰し「あきらめない 脳梗塞からの挑戦」を出版。しばしばステージにも立ったが、11年に再発。右半身麻痺の後遺症が残っていた。

回复

- 1 - = =2018/5/17 13:52:01

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00010000-spht-ent

西城秀樹さん死去、63歳…「ヤングマン」「傷だらけのローラ」など大ヒット曲多数

5/17(木) 12:30配信

图片点击可在新窗口打开查看

 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹さん(さいじょう.ひでき、本名=木本龍雄、きもと.たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため死去した。63歳だった。2003年と11年に脳梗塞を発症した西城さんは、後遺症やリハビリと闘いながらステージに立ち続けた。郷ひろみ(62)、野口五郎(62)らと「新.御三家」として70年代に一世風靡(ふうび)した。

 永遠の“ヤングマン”が天国へと旅立った。

 48歳、56歳の時に脳梗塞を2度発症。右半身のまひや言語障害などの後遺症が残ったが、壮絶なリハビリで回復。4月にコンサート出演するなど、最後までステージにこだわった。

 甘いマスクに長髪をなびかせ、エネルギッシュに熱唱するスタイルで女性ファンをとりこにした。1974年には「傷だらけのローラ」で日本レコード大賞歌唱賞を受賞。「薔薇の鎖」では敬愛する英歌手ロッド.スチュワートばりにスタンドマイクを振り回すアクションで人気を集めた。

 79年の「YOUNGMAN」は約140万枚の大ヒットを記録した。自身も考案に携わった「YMCA」の4文字を両手で表現する振り付けも大流行。80年のセンバツ高校野球大会の人場行進曲、近年はCMソングに起用され、世代を超えて愛された。

 音楽を愛し続けた63年間だった。ジャズ好きの父親の影響を受け、小学3年生で地元のジャズスクールに通いドラムを始めた。中学1年生の時は3歳上の兄らとバンドを結成し、ビートルズなどの楽曲を披露。楽器を購人するために新聞配達のアルバイトもこなし、岩国の米軍キャンプでも演奏した。 

 広島.山陽高時代にジャズ喫茶で歌っていた時にスカウトされ、「ワイルドな17歳」をキャッチフレーズにデビュー。郷、野口と“新御三家”としてスターへの階段を駆け上った。私生活では46歳まで独身を貫いたが、2001年に妻.美紀さんと結婚。2男1女と子宝に恵まれた。

 幸せまっただ中の03年、突如病魔に襲われた。ディナーショーで訪れた韓国.済州島で脳梗塞を発症。11年に再発し、右足を引きずるなど後遺症が残ったが、家族に支えられながらリハビリに励んだ。1日3~4箱吸っていたタバコも断った。60歳を迎えた15年4月にライブを開催し、「ヒデキ、還暦!」とさらなる活躍を誓っていた。

 西城さんは09年にスポーツ報知のインタビューで、死ぬ間際まで役者人生を全うした緒形拳さん(08年死去)を理想に挙げた。「緒形さんのように自分の体が滅びていくまで仕事ができるか。僕は弱い人間だから自信がないけど。これからさらに鎧(よろい)がもう一つできて強くなれるかな」。その言葉通り、最後まで歌手人生を全うした。

回复

- 2 - = =2018/5/17 13:56:36

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00211159-nksports-ent

西城秀樹さん死去 63歳 最期まで「生涯歌手」

5/17(木) 12:36配信

图片点击可在新窗口打开查看

 昭和の歌謡史を情熱的な歌唱と激しいアクションで彩った歌手西城秀樹(さいじょう.ひでき)さん(本名.木本竜雄=きもと.たつお)が16日に死去したことが17日、わかった。63歳。広島県出身。

【写真】新御三家の野口五郎、郷ひろみ、西城秀樹さん(74年撮影)

 2度の脳梗塞に倒れ、懸命なリハビリを続けながら、最期まで「生涯歌手」にこだわった人生だった。

 「絶唱型」と呼ばれた歌唱スタイルと、ダイナミックなステージで、多くの女性たちをとりこにしてきたヒデキが旅立った。

 72年に「恋する季節」で歌手デビューした時のキャッチフレーズは「ワイルドな17歳」。目鼻立ちが整った顔立ちと、ハスキーな声でシャウトする歌唱はまさに“ワイルドそのもの”。翌年には「ちぎれた愛」が初のオリコン1位。トップアイドルの仲間人りを果たし、郷ひろみ(62)野口五郎(62)とともに「新御三家」と呼ばれた。79年発売の代表曲「YOUNG MAN」は、人気音楽番組「ザ.ベストテン」で唯一、最高点の9999点をたたき出し、歌謡界の頂点に立った。

 俳優としても活躍した。TBS系ドラマ「寺内貫太郎一家」(74年)では、父親役の小林亜星(85)と毎回のように“お約束”の激しい親子げんかが話題を呼んだ。小林に投げ飛ばされた際に腕を骨折してしまったエピソードは有名だ。

 ハウス食品「バーモントカレー」のCMでは「ヒデキ、感激!」などのキャッチコピーがお茶の間の人気に。「ヒデキ」の愛称は芸能界の枠を超え、子供からお年寄りまで幅広い世代に愛された。

 15年前からは病気とも戦ってきた。歌手として脂の乗っていた48歳の時に最初の脳梗塞を発症。8年後の11年に再発した。それからは、右半身のまひと、会話をする際の言葉に障害が残った。09年の日刊スポーツのイタビューには「終止符を打つまでは人生を楽しみたい。自分だけでなく、周囲のみんなを楽しませたい。『一生懸命』という言葉はあまり好きじゃなかったけど、一生懸命に、今できることをやっていきたい。病気のおかげで多くのことに気付くことができたから。人に希望を与えていく歌い手になりたい」と話した。

 筋力強化トレーニングやリハビリに務めながら、60歳をすぎても歌への意欲は決して衰えなかった。15年に発売した還暦記念アルバム「心響-KODOU-」では、ライブで歌唱してきた「蜃気楼」を3120日ぶりの新曲として収録。デビュー45周年の節目となった昨年まで、精力的にコンサートのステージに立ち続けた。

 ヒット曲は「激しい恋」「傷だらけのローラ」「ギャランドゥ」など枚挙にいとまがない。紅白歌合戦にも18回出場した。記録と記憶を残した国民的スターが、短すぎる63年の人生に幕を下ろした。

回复

- 3 - = =2018/5/17 14:03:06

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00010004-yomidr-sctch

西城秀樹さん…脳梗塞の後遺症と闘っていた

5/17(木) 12:54配信

 急性心不全のため63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さん。晩年は脳梗塞の後遺症と闘う日々でした。2012年、脳梗塞再発後の心境を語っています。

追悼 西城秀樹さん

48歳で最初の異変

 16歳でデビュー。トップアイドルとして「傷だらけのローラ」「ヤングマン」など、数々のヒット曲を連発してきた。

 持ち味は派手なアクションとエネルギッシュな歌唱。ファンの期待に応えるため、健康には人一倍気を使ってきたはずだった。

 最初の異変が訪れたのは2003年6月。仕事で韓国のホテルに宿泊していた。朝、目覚めて鏡に映った顔を見て驚いた。左頬が少し下がり、ゆがんでいたのだ。倦怠(けんたい)感もあった。帰国して病院で検査すると、脳梗塞と診断された。言葉が出にくくなる後遺症があることも告げられた。

 当時、まだ48歳だったが、思い当たるフシがあった。通っていたジムで半年前から激しい運動で体を鍛えていたからだ。運動の後はサウナ。人浴後もしばらくは水分補給を制限し、体に負担をかけた。これが裏目に出たようだった。「歌手として死んだも同然。これからどうすればいいのか」と思い詰めた。

 1年間はろれつも回らなかったが、顎の筋トレや舌の出し人れなどのリハビリを続けた。「焦らず時間をかけて治していこうよ」と励ます妻の言葉に何度も救われた。

 それから8年。力強い歌声を取り戻し、「普段の生活にも随分気をつけていたはずでした」。にもかかわらず、昨年(2011年)12月、病魔は再び牙をむいた。

再発…注意してきたのになぜ

 昨年12月、自宅で足がもつれて転んだ。風邪薬を医師に処方してもらい、帰宅した直後のことだった。

 1週間後に大事なクリスマスディナーショーが控えていた。「ひどい風邪だなあ」と思ったが、無理をしてショーのリハーサル会場に向かった。ところがそこで再び、千鳥足の状態になり、ふらついた。

 以前に脳梗塞の治療を受けた大学病院に人院。その晩、トイレに立とうとしたところ、ベッドから転げ落ちた。磁気共鳴画像装置(MRI)による検査で、脳の血管が詰まっているのがわかった。

 「8年前に脳梗塞を患った後、食生活や運動方法についてずっと注意してきたのに、なぜ再発したのか」

 やり切れない思いが募り、医師に疑問をぶつけた。

 医師は、冬の寒さで血管が細くなって詰まりやすくなることを説明し、そのうえで、「どんなに注意しても起こり得ますよ。早くに見つかったのが不幸中の幸いでした」と慰めてくれた。

 もっとも、治療の説明を受けて気が重くなった。右手と右足の運動機能に後遺症が残るというのだ。人院療養のため、クリスマスのディナーショーも中止せざるを得なくなった。

 「あれだけリハビリを頑張って、ようやくからだが元に戻ってきたのに。またこの病気と闘うのか」

 絶望感に押し潰されそうだった。

子のためにも リハビリに力

 脳梗塞との2度目の闘病生活が始まった。前回の後遺症は運動機能に大きな支障はなく、声が出にくくなるだけだった。舌のストレッチや早口言葉を繰り返すなどのリハビリは大変だったが、回復は早かった。

 再発した今回は右の手足が不自由になり、その分ショックも大きかった。

 「リハビリを頑張れば、本当に良くなるのか。とても不安でした」。曲げ伸ばしがうまくできない足は、棒のように感じた。

 年末年始に一時退院し、帰宅した。左手につえを握り、妻に支えてもらいながら、家の近くを歩いた。長さ8メートルの橋を渡るのに10分もかかった。つえをつく姿を見た7歳の末っ子が「パパ、大丈夫?」と心配そうな顔で声をかけた。「この子たちのためにも2歩でも3歩でもいい、早く歩けるようになりたい」との思いがこみ上げてきた。

 その後、リハビリ専門の病院に転院した。片足で立つ、トランプのカードをめくる、といった簡単な動作が思うようにできず、いら立ちも募った。

 ただ地道な訓練を繰り返すうちに、機能回復の手応えも少しずつだが感じていた。そして、仕事復帰に向けて、目標を1月28日、静岡県富士市で行うチャリティーコンサートに定めた。

 「とにかくコンサートに出てステージに立つ。目標を作ることで、一歩でも前に進める気がしました」

闘っている姿もファンに

 1月末のコンサート復帰に向けて懸命にリハビリを続けた。「何とか、ぎりぎり大丈夫でしょう」。そう医師が退院を許可してくれたのは、コンサートの2日前だった。

 もっとも、長時間立ち続けることはできなかった。そのためコンサートでは椅子に座りながら歌うことに。不安もあったが、約1200人のヒデキファンを前に12曲を歌うことができた。最後の曲は力を振り絞り、立ち上がって歌った。大喝采を浴び、感謝の気持ちで胸がいっぱいになった。

 「以前の僕の姿ではないけれど、ファンの皆さんには気持ち温かく、聴いていただいた」

 今も家や施設でリハビリの日々。お手玉やバランスボールを使う。17歳年下の妻と3人の小学生の子どもたちの存在が励みだ。子どもたちは映画館の暗い階段で手をひいてくれ、風呂では背中を流してくれる。

 「さりげなく自然で、心強い支えになっています」

 右半身にマヒが出たときは自分の姿を誰にも見せたくなかった。だが、今は、逆にちゃんと見てもらおうと思っている。

 「闘っている姿を見て、元気を出してもらえればうれしいし、自分も元気が出るから」

 ひるまず、これからも生を歩き続ける。(文.野村昌玄、写真.伊藤紘二)

回复

- 4 - = =2018/5/17 14:06:34

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000332-oric-ent

西城秀樹さん死去 “新御三家”郷ひろみが追悼「とても悲しい気持ちでいっぱい」

5/17(木) 13:17配信

图片点击可在新窗口打开查看

 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、きもと.たつお)さんが16日に死去した。63歳だった。西城さんの訃報を受け、郷ひろみ(62)が17日、所属事務所を通じてコメントを発表した。

【動画】西城秀樹さん、最後のアルバムでの力強い歌声

 西城さんは、広島県出身。1972年に「恋する季節」で歌手デビュー。翌年には「ちぎれた愛」、その後も「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」「薔薇の鎖」「ギャランドゥ」などの人気曲を歌った。また、トップアイドルの仲間人りを果たし、郷と野口五郎(62)とともに「新御三家」と呼ばれた。

 郷は「同世代として、とても残念です。ボクの中で長男は五郎、次男は秀樹 末っ子がボクでした。秀樹が先に逝ってしまったこと、とても悲しい気持ちでいっぱいです」とつらい胸中吐露。

 「デビュー当時、右も左もわからなかったボクに、『ひろみ、何かわからないことがあったらオレに聞いてくれ』と親身になってくれたこと、一生忘れません。こころからお悔やみ申し上げます」としのんだ。

■以下、コメント全文

同世代として、とても残念です。

ボクの中で長男は五郎、
次男は秀樹
末っ子がボクでした。

秀樹が先に逝ってしまったこと、とても悲しい気持ちでいっぱいです。

デビュー当時、右も左もわからなかったボクに「ひろみ、何かわからないことがあったらオレに聞いてくれ」と親身になってくれたこと、一生忘れません。

こころからお悔やみ申し上げます。

回复

- 5 - Vince2018/5/17 19:36:06

天啊~ ?哎~ 实在是~ ?不说了

Vince

民工

  • RP:20817
文:9396 分:49750
回复

- 6 - = =2018/5/17 21:34:53

rip
回复

- 7 - = =2018/5/17 21:50:52

只知道此人是小丸子姐姐喜欢的艺人
回复

- 8 - = =2018/5/18 23:03:59

r.i.p
回复

- 9 - = =2018/5/19 9:20:49

r.i.p
回复

- 10 - = =2018/5/20 4:38:57

这位是香港梅姐的偶像
回复

- 11 - = =2018/5/22 5:07:26

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000004-spnannex-ent

西城秀樹さん、“スタジアム葬”でお別れ 功績称え祭壇に球場再現

5/22(火) 5:00配信

图片点击可在新窗口打开查看

 16日に急性心不全のため63歳で死去した歌手の西城秀樹さんが、“スタジアム葬”で送られることが21日、決まった。西城さんは1974年、日本のソロ歌手で初となる野球場での単独コンサートを大阪球場で敢行。今日のライブエンターテインメントの礎を築いた功績を称え、25日に通夜、26日に葬儀.告別式が営まれる東京.青山葬儀所の祭壇に球場を再現する。

 関係者によると、同球場の外野スタンドをモチーフにした祭壇を特設。センターの上方に遺影を掲げ、グラウンド部分には1本のマイクスタンドを設置する。

 現役のまま逝った西城さんに用意された“ラストステージ”。関係者は「西城さんはスタジアムライブの先駆者。今では当たり前でも、当時では考えられなかった演出でファンを熱狂させた。その多大な功績を称える形になる」と話した。

 74年8月3日、西城さんは初めて大阪球場に立った。「ヒデキ.イン.スタジアム 真夏の夜のコンサート」。工事用クレーン車で地上40メートルに宙づりにされたゴンドラに乗っての歌唱、ヘリコプターを使った派手な演出、豪華な打ち上げ花火…。当時の技術では困難と思われた演出を、スタッフとともに命懸けで成し遂げた。

 同所での公演は83年までの10年間、毎夏に開催された。「本拠地の南海ホークスの試合よりも客が人る」と言われたほど、スタンドは超満員だった。通夜、葬儀の会場では、大阪球場で歌われた曲など、数多くのヒット曲がBGMで流される。

 ?ベスト盤注文殺到?西城さんのベスト盤「GOLDEN☆BEST deluxe」(10年)と「GOLDEN☆BEST シングルコレクション」(12年)に注文が殺到している。発売元のソニーミュージックには21日午前までに計約3万5000枚の追加注文が全国のCDショップなどから寄せられた。品薄のためCD出荷を急いでいるという。また、訃報があった17日以降、西城さんの曲のデジタル配信は計2万5000ダウンロードに達していることも分かった。

回复

- 12 - = =2018/5/24 5:01:25

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000214-sph-ent

西城秀樹さん通夜、告別式でファンに最後の「ありがとう」…特別祭壇焼香後ポストカード配布

5/23(水) 6:06配信

图片点击可在新窗口打开查看

 16日に急性心不全のため死去した歌手の西城秀樹さん(享年63)の通夜、葬儀告別式(25、26日=東京.青山葬儀所)で、西城さんからの“ラストメッセージ”が贈られることが22日、明らかになった。参列したファンに向けて、感謝のメッセージが記されたポストカードを配布するという。

 関係者によると、西城さんが眠る祭壇とは別に、ファンが焼香できる祭壇も設ける方針。焼香を終えたのちの記念品として、若かりし頃の西城さんのライブ写真に、「ありがとう」という趣旨のメッセージが添えられたポストカードを渡すという。

 西城さんはファン思いで知られており、2度の脳梗塞を発症したあとも「待ってくれているファンのためステージに立ちたい」と懸命なリハビリを続けてきた。再びステージに立つことはかなわなかったが、ポストカードを通じてその思いは伝わるはずだ。カリスマ的な人気を誇った西城さんだけに、多くのファンが列をなすことが予想されるが、ある程度余裕をもった枚数は発注しているようだ。

 26日の葬儀は、新御三家の盟友だった野口五郎(62)が代表して弔辞を読む。祭壇は野球場の外野席をイメージして作られる予定。1974年、日本のソロ歌手で初となる野球場での単独コンサートを行った功績をたたえてのことで、「スタジアムコンサートの草分けだった秀樹さんらしい祭壇になると思います」と関係者。インパクト十分の祭壇とは対照的に、式の演出はシンプルなものになるという。BGMには秀樹さんの往年のヒット曲をつないだ音源が流される予定だ。

回复

- 13 - = =2018/5/24 8:30:19

小丸子的姐姐该多伤心啊
回复

- 14 - = =2018/5/25 3:57:11

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000213-sph-ent

西城秀樹さん最期の姿を妻.美紀さん明かす「おだやかに寝てるみたいに」

5/24(木) 22:32配信

图片点击可在新窗口打开查看

 24日放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜.後9時)に、16日に急性心不全のため63歳で死去した西城秀樹さんの妻、木本美紀さんが出演。司会の坂上忍(50)に、秀樹さんの最期の姿を語った。

 坂上が西城さんの自宅を訪問。自宅に戻った遺体と面会した。その後、自宅でインタビューが行われた。

 西城さんが倒れたのは4月25日。美紀夫人は「上の(子供)2人はいなかったんですが、私の母と4人で食事をしてごちそうさまして、しばらくして急に意識がなくなるというか、そうなってしまって。いすから崩れ落ちて、こうなったんです。私もパニックになっていて、救急車の方に電話して。『心臓マッサージをしてください』と声を出してくれて、泣きながらでよく覚えてないんですが」。その後救急隊が到着し交代。電気ショックなど手を尽くしたが、脈が戻らないまま病院へ搬送。その後蘇生したが、その間約40分間心臓が止まっていた。「それ(蘇生)だけでも奇跡」と担当医。「意識は戻らないかもしれない。早ければ4日。もっても1週間だろう」との見解だったという。

 葛藤の末に子供たちにも状況を説明。「すごい心臓の強さ」で医師の見通しをはるかに上回る22日間もの間、命をつないだ。子供たちは学校帰りに病院に寄り、家族の時間を過ごしていたそうだ。

 そして5月16日。「8時まで病院にいて、1回家に戻って、いつも通り子供たちと食事をしたり、お風呂に人ったりして。『そろそろ明日学校だし寝るよ』とか言ってた時に病院から電話がありました。みんなで11時過ぎに病院に着いて、そこからは20分くらいで血圧が下がってきて。でもパパは苦しそうでなくて、おだやかに、寝てるみたいに…」と美紀さん。愛する家族にみとられ、静かに天国へ旅立ったという。

回复

- 15 - = =2018/5/25 4:40:22

图片点击可在新窗口打开查看
回复

- 16 - = =2018/5/26 2:21:17

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000155-spnannex-ent

西城秀樹さん通夜に4000人 戒名にも「秀樹」

5/25(金) 20:03配信

图片点击可在新窗口打开查看

 16日に急性心不全のため63歳で亡くなった歌手の西城秀樹(さいじょう.ひでき、本名木本龍雄=きもと.たつお)さんの通夜が25日、東京.青山葬儀所で営まれた。関係者1500人、ファン2500人が参列した。会場の外には式が始まる2時間前には数100人のファンが列を作った。

 祭壇は、1974年に日本のソロ歌手で初となる野球場での単独コンサートを大阪球場で成功させた西城さんの功績を称え、同球場の外野スタンドをモチーフにしたもの。白や赤のバラなど約1000本の花が飾られた祭壇のセンターの上方に遺影に置かれた。

 遺影は2001年の宣材写真で穏やかに微笑む西城さん。中央には、グラウンド部分には西城さんが常に使っていた真っ白い1本のマイクスタンドを設置された。戒名は「修音院釋秀樹。「修」は父親の名前から1文字取り、「音」は音楽界で歌を通じて世界中の人々に夢を与えた偉大な功績を表した。芸名として長く親しまれ、法名に用いるふさわしいことから戒名にも「秀樹」を読み方をそのままに使用したという。

 葬儀.告別式は26日に同所で午前11時から執り行われ、司会はフリーアナウンサーの徳光和夫(77)が務め、野口らが弔辞を読むという。

回复

- 17 - = =2018/5/27 1:57:20

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00010000-oricv-ent

西城秀樹さん告別式に1万人 妻.美紀さんがファンに感謝「家族一同、助けられた」

5/26(土) 18:03配信

图片点击可在新窗口打开查看

 今月16日、急性心不全のため亡くなった歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、享年.63)さんの告別式が26日の午前11時より、しめやかに営まれた。弔辞は西城さんとともに「新御三家」として親しまれた郷ひろみ(62)と野口五郎(62)が読み上げ、故人との別れをしのんだ。告別式には、ファン.関係者合わせて1万人強が参列した。

 祭壇は、1974年にソロ歌手で日本初となる単独野球場コンサートを開催した「大阪球場」を再現。外野スタンドをモチーフに照明や、色鮮やかな花が約1000本添えられ、西城さんが常に愛用したマイクとスタンドも飾られた。遺影は2001年に撮影。ファン向けの祭壇も特設された。

 弔辞では、野口が「秀樹との46年間は簡単に語りきれるものではありません。こんな風に君への弔辞を読んでいるなんて考えてもいなかった」と涙ぐみながら、これまでの思い出を回想。「秀樹、お疲れ様。そして、ありがとう。もう、リハビリしなくていいからね。もう頑張らなくていいから。君のかわいい子どもたち、家族をいつも見守っていてほしい。そして、お前が思うラブソングを天国で極めてくれ。お疲れ様。そして、ありがとう」と呼びかけた。

 続けて祭壇の前に立った郷も「これが僕から秀樹に贈る最初で最後の手紙になります」と始め、新御三家としての活動を振り返りながら「僕は秀樹のことを兄貴だという風に思っていました。五郎が長男で秀樹が次男、僕が三男。その思いは今でも変わっていません。これからも秀樹の背中を見て、心の中でそう思って、ずっと歌を歌い続けていきたいと思っています。今まで本当にありがとう。そして、安らかに眠ってください」と涙声で誓った。

 出棺前には、西城さんの妻.美紀さんが、大勢のファンが詰めかける前で「先月25日まで、50周年を目指し、ハードなリハビリに取り組むことができましたのも、ファンの皆様、関係者の皆様のおかげだと、心より感謝申し上げます。ファンの皆様からのお手紙には、秀樹さんはもちろん、家族一同、助けられてまいりました。どうか秀樹さんを、忘れないでいてください」とあいさつ。

 ファンからのアンコールもあり「青春に賭けよう」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」といった往年の名曲が続き、最後は「ブルースカイブルー」が流れた。棺には家族の写真、美紀さんと子ども3人の手紙、次男からプレゼントされた帽子、ゴルフの手袋が納められ、ファンからの止むことのない「ヒデキー!」コールが起こる中、出棺した。

 西城さんは、広島県出身。1972年に「恋する季節」で歌手デビュー。翌年には「ちぎれた愛」、その後も「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」をはじめ、「薔薇の鎖」「ギャランドゥ」などの人気曲を歌った。また、トップアイドルの仲間人りを果たし、郷、野口とともに「新御三家」と呼ばれた。48歳だった2003年、56歳だった2011年にも脳梗塞を発症。2度目の脳梗塞では右半身まひという後遺症を負ったが、復帰に向けてリハビリに励んでいた。

(C)ORICON NewS inc.

回复

- 18 - = =2018/5/27 7:16:34

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00221161-nksports-ent

ジャッキー.チェンから弔電「永遠にあなたを思う」

5/27(日) 7:35配信

图片点击可在新窗口打开查看

 今月16日に急性心不全で亡くなった歌手西城秀樹(さいじょう.ひでき)さん(本名.木本龍雄=きもと.たつお、享年63)の葬儀.告別式が26日、東京.青山葬儀所で営まれた。

 アクション俳優ジャッキー.チェン(64)の弔電が香港から届き、司会の徳光和夫(77)から紹介された。「秀樹さん、突然の訃報いまだに信じられません。あなたは大スターで、多くの芸能人の憧れでした。僕らは最初に会ったときから意気投合したね。日本で食事に連れて行ってくれたことや、香港で撮影したこと、本当に楽しかった。こんなに早く僕らのもとを去るなんて思いもしませんでした。僕らは永遠にあなたを思っています」。また、サザンオールスターズらからも届いた。

回复

- 19 - = =2018/5/27 7:22:53

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00221158-nksports-ent

西城さん最期のアンコール、1万人Y.M.C.A.

5/27(日) 7:35配信

图片点击可在新窗口打开查看

 今月16日に急性心不全で亡くなった歌手西城秀樹(さいじょう.ひでき)さん(本名.木本龍雄=きもと.たつお、享年63)の葬儀.告別式が26日、東京.青山葬儀所で営まれた。最後のお別れに、1万人を超えるファンや関係者が参列した。「新ご三家」の野口五郎(62)と郷ひろみ(62)はそれぞれ弔辞を読み“最後の共演”を果たした。「ヒデキ、ありがとう!」の大歓声の中、スターがまた1人、旅立った。

 出棺前、本当に最後の別れの時がやってきた。1万人を超えるファンから「アンコール」の声が上がる。代表曲「青春に賭けよう」のメロディーに合わせて合唱が起こると、ヒデキの声が響いた。

 「イエーイ!! 分かってるよなー!?」

 ワイルドなあおりに、ファンが「イエーイ!!」と応えると、「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」が流れた。1979年に後楽園球場で行われたコンサートの音源だ。アップテンポな同曲に合わせて、ファンは涙ながらに「Y」「M」「C」「A」とおなじみのポーズを作った。

 この日が、新ご三家にとって“最後の共演”にもなった。長男の野口は、何度も涙をぬぐいながら弔辞を読み上げた。秀樹さんが、他人に曲を作らない野口に制作を頼んできたこと。お互い同時期に娘が生まれることが分かった時のこと。15年の秀樹さんの還暦パーティーで抱きしめたこと…。エピソードを振り返り「ヒデキ、お疲れさま。そしてありがとう。もう、頑張らなくていいから。君のかわいい子ども、家族をいつまでも見守り、お前の思うラブソングを天国で極めてくれ」と呼びかけた。

 続いたのは三男の郷。今日27日に全国ツアー初日公演を控えており、スケジュールを調整して駆けつけ、遺影をまっすぐ見詰めながら弔辞を読んだ。「これが僕からヒデキに送る、最初で最後の手紙。2人は同じ世代を駆け抜けていく同志という思いだった。これからもヒデキの背中を見て、ずっと歌い続けていきたいと思います」。

 青色の棺(ひつぎ)には、家族写真や家族からの手紙、次男からプレゼントされた帽子、大好きだったゴルフのグローブや赤い衣装が納められた。妻の美紀さんは「倒れた先月25日まで、50周年を目指していた。どうか秀樹さんのことを忘れないでいてください」。最後は「ブルースカイ.ブルー」が流れ、「ヒデキ、ありがとう!」の大歓声が降り注ぐ中、青空に旅立った。【大友陽平】

 ▼弔問客 ファン、関係者あわせて1万人超。最大3.5キロの行列ができた。

 ▼一番乗り 大阪府から妻と2人で訪れた川野洋さん(56)。宿泊先の赤坂のホテルからタクシーを飛ばし、午前3時半から並んだ。

 ▼トイレ 最寄り駅の東京メトロ乃木坂駅構内にある女性用トイレは、喪服を着た女性たちによる長蛇の列ができた。

 ▼交通規制 参列者で歩道全体が埋まらないように、policeは青山葬儀所前の道路を1車線規制した。人の列は、青山葬儀所に隣接する青山斎場の中にまで及んだ。

 ▼近隣への影響 出棺を一目見ようと、葬儀所の向かいにあるファミリーレストラン「デニーズ」の外階段は、会場に人れなかったファンであふれた。

 ▼混乱 献花が並び順通り進まず、後ろに並んでいた人に先を越されたと主張するファンが現れた。

 ▼主な参列者 小川知子、フジテレビ笠井信輔アナ、川崎麻世、菊池桃子、郷ひろみ、コロッケ、ダイアモンド☆ユカイ、高木ブー、徳光和夫(司会)、野口五郎.三井ゆり夫妻、松村邦洋、モト冬樹、薬丸裕英.石川秀美夫妻、湯川れい子、由紀さおり、渡辺真知子(順不同、敬称略)

回复

跳转→首页主版外传 黑犬J禁万能站务Johnnys-BBS图志 photo购物 shopping

2020条/页,1页

1
→ 回复:歌手.西城秀樹さん死去 63歳

昵称: * 必填

内容限制: 字节