~♂★PT29★一番仲が良い人よ月が奇麗だから一緒に見なよ☆

发言 回复打印

243333条/页,25页

<20 21 22 23 24 25
您是第235413位读者

- 620 - 集まって食事をする機2018/10/6 5:25:00

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181006-00010000-jisin-ent

" 佐藤アツヒロ、滝沢に言及「裏に回りたい気持ちわかる」

10/6(土)6:05配信

图片点击可在新窗口打开查看

「きっと初めての演出って、もっと規模の小さい、小劇場くらいのサイズ感だと思いますが、今回は31人もの役者が出演して、しかも自分で主演もやる。殺陣のシーンも多く、展開も激しくて、初っぱなから、正直大変なことになりました……」

そう語るのは、主演舞台『SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~』(10月2~8日東京.シアター1010/10月17~21日大阪.サンケイホールブリーゼ)で初演出に挑んでいる佐藤アツヒロ(45)。

「原作がゲームなので、いろんなキャラクターが登場するのも楽しいし、殺陣によって物語が進んでいくので、立ち回りも見どころですね」(アツヒロ.以下同)

オープニングからキレのある華やかな立ち回りが展開していき、ラストまで見ごたえのある作品となっている。

「稽古中は『こうしよう』「いや、ああしよう」と日々、作家さんとやりあっていました。でも俺には、何か問題が起こっても、すぐに解決できる力が備わっているみたい。それは、ジャニーさんが『変更』『変更』と毎日のように変えていくのを、あたふたしながらも解決にもっていく経験を、ずっとしてきたから。“より、いいものを作り上げよう!”というジャニーズ精神で鍛えられたおかげですね」

今までの稽古より10倍くらいのパワーを使うことで、興奮しすぎて眠れない夜もあったという。

「演出は大変、としみじみ思います。作家や振付師、演出補佐など、いろいろな人との協力があって成り立つもので、決して自分1人では作れない。そのなかでわかったことは、俺らしい作り方。役者が作り出す力を利用しながら、その人の魅力を引き出していくというものですね。これもジャニーさんイズムかな」

本誌が密着した稽古場でも、スタッフや演者たちとたえず笑ってコミュニケーションをとっていたアツヒロ。そこには「自分が楽しくないものは作りたくない」との志があるという。「youが楽しくないものを作ってどうするんだ」と、ジャニーズJr.たちによく話しているジャニーさんの姿と重なって見えた。

先日、飲み仲間の1人である滝沢秀明(36)が年内をもって表舞台を去り、演出=裏方に専念することを発表した。ジャニーさんに背中を押された、という報道もあったが……。

「滝沢自身が決めたことだと思います。後輩の面倒をみるのも好きだし、裏方の仕事も好きだから。俺も目立ちたがり屋じゃなく、自分が出たくて前に出ているタイプではないから、わかります。お互い、宿命みたいなものなのかな。ジャニーズって外から見たら“アイドル事務所”なのかもしれないけれど、大きな決断をするときは、みんな自分で、男として決める。そんな“男の集団”だからこその“男の決断”なんだと思います」

今回の滝沢の決断に、アツヒロは温かいエールを送る。

「舞台で共演した(生田)斗真や、ゲームつながりで仲よくなった(堂本)光一、松潤(松本潤)、山下(智久)っていうメンバーで、集まって食事をする機会がよくありました。もう、ずいぶん前の話ですけど。その会でも滝沢の仕切りは完璧でした。『滝沢にまかせておけば間違いない』って、みんなで言っていましたね。男気があるし、みんなが安心するんです。でも、1人ですべて背負うことはない。俺もいるし、光一も、錦織(一清)さんも、東山(紀之)さんもいる。みんなそれぞれのポジションで支え合い、助け合っていけばいい。それが“男の集団”であるジャニーズの“己の意志”だと思うんです」

最終更新:10/6(土)6:05
女性自身 "

回复

- 621 - ジャニーズJr黄金期2018/10/6 12:17:00

回复

- 622 - 慶祝生日就是要有裸照2018/10/6 12:27:00

回复

- 623 - Summer19982018/10/6 12:34:00

回复

- 624 - 中左圖&右「買い物」2018/10/6 12:55:00

回复

- 625 - ジャニーズJr黄金期2018/10/6 14:57:00

回复

- 626 - 10月6日=31072018/10/6 23:55:00

回复

- 627 - 9841>993312018/10/7 0:09:00

回复

- 628 - 役者道を突き進み続け2018/10/7 22:49:00

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000003-cine-movi

"

役者道を突き進み続ける34歳、生田斗真の魅力に迫る!

10/7(日)16:00配信

图片点击可在新窗口打开查看

2019年度のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」など、話題作への出演が続く生田斗真。ジャニーズ事務所きっての演技派俳優として役者道を駆け抜けてきた生田さんが、10月7日の誕生日で34歳に!30代も半ばとなるいま、ますます男っぷりに磨きをかけている俳優.生田斗真の魅力に改めて迫りたい。

10月7日の誕生日で34歳に!生田斗真の魅力に迫る

ドラマでブレイク!から「50年に1人の映画俳優」へ
1997年にNHK連続テレビ小説「あぐり」で子役デビューを果たして以来、数々の作品に出演してきた生田さん。そんな彼が大ブレイクを果たしたのが、2007年にフジテレビ系で放送された「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」だ。人気少女コミックをドラマ化した本作で、生田さんは同級生の芦屋瑞稀(堀北真希)に恋心を抱く中津秀一を好演。ただし、瑞稀は男子のふりをして男子校に通うワケあり女子で、そうとは知らない中津は大パニックに。この気持ちは友情なのか?それとも自分は同性愛者なのか?悶々とする中津の戸惑いを生田さんがチャーミングに演じ、コメディセンスの高さをうかがわせていた。ドラマ自体も好評価を得る一方、生田さん自身の快進撃が始まることになる。

「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」以降も「ハチミツとクローバー」「魔王」などで輝く実力派を映画界が放っておくはずもなく、生田さんは満を持して映画デビュー。2010年、映画初出演にして初主演となる『人間失格』が公開された。太宰治の同名小説を映画化した本作で、生田さんが演じたのは名家に生まれながら酒と女に溺れ、堕ちていく主人公?大庭葉蔵。美しく、濃密に人間の脆さを描く作品世界を生き抜いた生田さんは、役者としての幅の広さをより見せつけることになった。監督を務めた荒戸源次郎は、シネマカフェのインタビューで「生田斗真は50年に1人の映画俳優」と断言している。

様々な感情を、観る者と共有できる俳優.生田斗真
その後も年に1~2本のスタンスで映画に出演し、映画俳優としての地位を確かなものにしていく生田さん。ラブストーリーからサスペンス、人間ドラマまで、作品や演じる役柄のタイプは多岐にわたっている。言い換えれば、どんな作品世界にもはまる存在だということだろう。『ハナミズキ』や『僕等がいた』で恋に身を焦がせば応援したくなるし、『源氏物語 千年の謎』で世紀の美男子を演じればうっとりさせられる。かと思えば、『脳男』『予告犯』『秘密 THE TOP SECRET』といったサスペンスでスリルを提供することも。『予告犯』公開の半年程前から放送された主演ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」も含め、シリアスでダークな作品世界での生田さんは、苦悩に満ちた役柄を託されていることが多い。これは恋に身を焦がす生田さんを応援したくなるのと同じで、生田さんは観客に痛みを感じさせられる役者だからではないか。彼が苦しければ観ている者も苦しいし、哀しければ哀しい。“過去の罪”を題材にした『友罪』が複雑な味わいの作品になったのも、生田さんの存在あってのことだと言える。

2019年度大河ドラマには、どんな生田斗真がいる?
苦悩する役にも嬉々として臨み、“演じる”という行為を通して身を削ってきた生田さん。その誠実で真っ直ぐな役者魂こそが、俳優.生田斗真の魅力の一部だ。もちろん、苦悩する生田さんがいくら素敵だからといって、いつも眉間に皺を寄せておいてもらうわけにもいかない。ときには『土竜の唄』シリーズで車にくくりつけられたり、怪しさ満点のジュースを罰ゲームのように飲まされたり、女子のお色気攻撃を受けてフニャフニャになったり。舞台「Vamp Bamboo burn~ヴァン.バン.バーン~」で不老不死のヴァンパイアと化し、おバカでうざいが憎めない愛らしさを炸裂させたり。もう1つ付け加えるなら、生田斗真フィルモグラフィーに実は欠かせないドラマ「うぬぼれ刑事」で美形だが残念な俳優を演じたり。さすがはコメディ演技でブレイクした男の本気を感じたくなることもある。ちなみに、例に挙げた作品はどれも、“コメディでの生田斗真の輝かせ方”を熟知した男.宮藤官九郎が脚本を担当。となると、同じく宮藤さんが脚本を手掛ける「いだてん~東京オリムピック噺~」はどうなるのか?いまから放送が待ち遠しくて仕方がない。

そういえば『予告犯』の公開前、30代に突人した頃、シネマカフェのインタビューで「ここ最近、特に思うんですよね。人を喜ばせたいって。この仕事を始めて間もない頃はこんな役を演じたいとか、あんな作品に出てみたいとか、自分の満足度を高めるためというのが大きかった。でも、今はもうちょっと外に向けている感覚があるかもしれないです。以前よりも、観客のことを考えるようになった。ハードな作品ばかりやってもお客さんは飽きちゃうだろうから軽めのラブストーリーも届けたいなとか、この作品を作ったらお客さんはどう思うかな?とかって」と語っていた生田さん。その後の出演作に目を向ければ、有言実行ぶりが分かるというもの。この先もずっと、様々な生田斗真を期待していいはずだ。

最終更新:10/7(日)16:00
cinemacafe.net "

回复

- 629 - 感謝佐藤敦啓大哥:)2018/10/7 23:05:00

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00010001-jisin-ent

" 佐藤アツヒロ 「学校で友達になってない」と明かすジャニーズの人物

10/7(日)11:04配信

图片点击可在新窗口打开查看

「一般的にいえばジャニーズは確かに“アイドル事務所”です。でも皆が自分の意志を持ち、“かっこいい”と思うものをやる。それが女のコの目をハートにするのだと思います」

ジャニーズのアイドルたちは、大人になっていく過程のなかで、“己の意志”というものを大切にしている。そう熱く語るのは、主演舞台『SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~』(10月2~8日東京.シアター1010/10月17~21日大阪.サンケイホールブリーゼ)で初演出に挑んでいる佐藤アツヒロ(45)。

「同時に、応援してくださるファンの皆さんとの絆も深めていき、1つ1つを歴史にしていく。常に自分たちで決めて、走り続けています。ときに“己の意志”で方向性を変えることも、これまでの歴史のなかではありました。そんなときも最終的には、やはり“男”として決断しているのです」

そんな“男の集団”ジャニーズの個性あふれるメンバーの中で、アツヒロが演劇と向き合い、共演してきた男たちのエピソードを語ってもらった。

■生田斗真(33).'04年舞台『エドガーさんは行方不明』などで共演

「斗真がまだ10代のころ、ゲームのセッティングの仕方がわからないっていうから、家まで行って、やってあげたんです。いまはアナウンサーとして活躍している弟もまだ高校生だったかな。ゲームのセッティングをしながらしゃべっていたら、お母さんが帰ってきて、夕飯を作ってくれたので、みんなで一緒に食べました。お母さんのほうが斗真より俺と年が近いのに、俺は斗真の部屋で遊んでいる――『なんだ、この状況は?』って、一瞬考え込んだりして(笑)」

斗真が20歳を過ぎてからは、朝の4時まで飲み明かしたりもしたそう。

「斗真はね、褒めながら大人とうまく会話ができる。それって彼の探求心から来ている気がするんですよね。何かを追求したい、吸収したいっていう気持ちの強いコだった。よく遊んでいた当時は、斗真が大人になっていく過程で、“やんちゃ”なところが俺に似ていました。年齢や職業とかの垣根がなく男友達が多いところとか。俺は、男としてどうなのか?という目で男を見るんだけど、斗真は男としてもいい。同じ学校にいたら絶対友達になって、一緒につるんでいましたね」

■風間俊介(35).'06年舞台『蒲田行進曲』と'11年舞台『デスティニー』で2度、共演

「風間と俺は真逆。同じ学校にいても友達になっていないと思う。あっちは頭がすごくよくて、ゲームとか自作しちゃうタイプ。俺はドッジボールとかして外で遊んでいる感じ(笑)。言葉のチョイスもうまいし、頭の回転も速いので、『ZIP!』(日本テレビ系)のパーソナリティは、本当に敵役。しゃべると自分がバカみたいに思えてくるから、風間とはしゃべりたくないくらい(笑)。そう本人に伝えたら、『そんなに僕のことを褒めますけど、僕の持っていないものをアツヒロくんは全部持っているんですよ』なんて、これまた上手に返されました。どこまでも凄いやつなんです(笑)」

最終更新:10/7(日)11:11
女性自身 "
回复

- 630 - 10月7日=52732018/10/7 23:55:00

回复

- 631 - 土日合算=8,3802018/10/7 23:57:00

回复

- 632 - ジャニーズJr黄金期2018/10/8 8:43:00

回复

- 633 - 合コンでお持ち帰りさ2018/10/8 22:20:00

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00013484-jprime-ent

" 10/8(月) 20:00配信

图片点击可在新窗口打开查看

 週刊女性PRIMEのサイト内で不定期で行なっているジャニーズアンケート。

 今回のテーマはズバリ「合コン」! 夢のような妄想アンケートに、1400名を超える方々からの回答が集まりました。ご協力ありがとうございました。(実施期間は'18年8月16日~9月10日。現在、事務所に籍があるグループ.人物のみ対象)

 それではさっそく「もしもジャニーズと合コンすることになって、お持ち帰りされるなら?」と思うメンバー、1位から10位までを、アンケートで集まったリアルな生の声とともにご紹介していきます!(原則として、アンケート回答は原文ママ)

1位 山下智久(33歳)139票

「ワンナイトでいいから持ち帰られたい」(30歳.パート)

 1位に選ばれたのは、11月28日に約4年ぶりとなるオリジナルアルバムを発売することを発表した山下智久。

 最近では、主演映画『劇場版 コード.ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が大ヒットするなど、俳優としても活躍中だが、「ドラマの中の出来事みたいなシチュエーションに、山Pはピッタリ」(22歳.学生)と、絵になるビジュアルが高評価。

「2人で彼の家で飲み直したい!」(27歳.事務)

「持ち帰ってください!」(46歳.サービス業)

「山Pだったら、遊びの一夜でも全然いいから!」(33歳.専業主婦)

...

最終更新:10/8(月)20:00
週刊女性PRIME "

回复

- 634 - 1999年カレンダー2018/10/8 23:41:00

回复

- 635 - 10月8日=55752018/10/9 0:06:00

回复

- 636 - 10月9日=11852018/10/9 23:54:00

回复

- 637 - Winter19972018/10/10 1:15:00

回复

- 638 - Thank You2018/10/10 1:46:00

回复

- 639 - Thank You2018/10/10 1:49:00

回复

- 640 - 十月十日=1,8262018/10/10 23:54:00

回复

- 641 - などヒット作品効果に2018/10/11 0:06:00

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-39542838-bloom_st-bus_all&p=2

"

10/10(水)11:45配信

图片点击可在新窗口打开查看

東宝(9602):3.7%高の3690円。三菱UFJモルガン.スタンレー証券は、9 月の映画興行成績速報が前年同月比40.1%増となり、ポジティブな印象と評価した。前年同月が50.4%減とハードルの低さもあるが、「劇場版コード.ブルー」や「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」などヒット作品効果に加え、天候不順による屋内レジャー志向も高まったと分析。...

最終更新:10/10(水)15:17
Bloomberg?"

回复

- 642 - 10月11=10542018/10/11 23:54:00

回复

- 643 - 映画健闘ジャニーズ勢2018/10/12 0:01:00

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000016-nkgendai-ent

"

映画で健闘ジャニーズ勢 キムタクは“二枚目路線”徹底も生きる道

10/11(木) 9:26配信

 今年の邦画界はカンヌ映画祭で最高賞を受賞した「万引き家族」、製作費300万円ですでに3カ月のロングランが続く大ヒットとなった「カメラを止めるな!」とまさに当たり年。そんななかジャニーズが誇る役者も大健闘している。先陣を切った山下智久(33)の「コード.ブルー」がヒット。木村拓哉(45)が“嵐”の二宮和也(35)と初共演した「検察側の罪人」も続いた。真打ち登場は“V6”の岡田准一(37)。名監督.木村大作氏とタッグを組んだ「散り椿」もヒット中。

 ヒットした要因はそれぞれ異なる。山下はテレビドラマの実写版。内容と役がハマった感もあり、違う作品で役者としての真価が問われることになる。木村は相変わらずぜいたくな共演者とテレビジャックのような宣伝など、木村に懸ける事務所の強い思いが今回も透けて見えていた。

「今回の映画はファンだけでなく大人もうならせる内容と演技で木村の評価が上がっただけに、そろそろ共演者頼りや過剰な宣伝から卒業する時期」と苦言を呈する声もある。一方で、“木村=カッコいい男”のイメージはすでに定着している。このままカッコ良さを保つ策もある。次回作「マスカレード.ホテル」でもカッコいいホテルマン役。「どんな役をやってもキムタク」と揶揄されようと、徹底して二枚目俳優を続けるようにも見える。

 今年、高齢を理由に静かに役者を引退した田村正和のように、二枚目役者を極めるやり方もありだ。その点、岡田はやはり別格だった。本格派の時代劇。宣伝のためにバラエティーに出ることはなかったが、北大路欣也など錚々(そうそう)たる人たちが映画界の垣根を越えて岡田を称賛するコメントを出した。

「もうアイドルが役者をやっているレベルではない。時代劇も映える立派な役者。“V6”で踊っているほうが違和感を覚えるほど」(映画関係者)

 三者三様、役者としての評価はあるが、ジャニーズの「役者部」はこの3人に二宮をプラスした形で決まった感もある。ジャニーズ内ではベテランに人る中居正広は司会。“嵐”の桜井翔はキャスター路線とほぼ決まった。

 他のタレントも試行錯誤しながら最終的な方向を模索している。そこに期せずして滝沢秀明(36)が芸能活動から引退。ジャニー喜多川社長(86)の後継者としてジュニアの育成など裏方になることを発表した。来年早々にもジャニーズ事務所は新体制で臨むといわれている。今年の一連の精力的なタレントの動きとなまじ無縁ではないと思う。

最終更新:10/11(木) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

"

回复

- 644 - = =2018/10/12 15:58:00

回复

- 645 - 10月12日=9032018/10/12 23:54:00

回复

- 646 - 土金週間18,9232018/10/12 23:58:00

回复

- 647 - 10月13=21022018/10/14 0:37:00

回复

- 648 - 10月14=26862018/10/14 23:54:00

回复

- 649 - 土日合算=4,7882018/10/14 23:57:00

回复

- 650 - 10月15日=9842018/10/15 23:54:00

回复

- 651 - ユニット活動をしてい2018/10/16 0:05:00

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181015-00000305-oriconbiz-ent

"『ZIP!』に抜擢の風間俊介、各方面から“MC”としても絶賛されるワケ

10/15(月) 7:50配信

 演技派俳優としての道を着実に歩んできた風間俊介が、10月1日より日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』の月曜メインパーソナリティーに就任した。初日冒頭の挨拶では自己紹介よりも先に台風についてコメントするなど、その誠実な人柄と安定感のあるトークで現在までの好感度は概ね上々のようだ。事務所との契約が解除となった山口達也さんの後任という形で決定した当初は、「事務所のゴリ推しなのでは?」といったネガティブな意見が少なくなかったのも事実。そうしたマイナスからのスタートを逆転させた風間のMCとしての資質を改めて検証してみた。
◆王道路線に乗らず演技力を磨くことで独自の立ち位置を確立
 中学2年生でジャニーズ事務所に人所。16歳のときに出演した『3年B組金八先生』(TBS系)で表裏のある生徒役を演じて以来、演技派俳優としての道を着実に歩んできた。狂気じみた役どころからごく平凡な青年の役までを違和感なくこなす演技力で、主演作だけでなく『99.9 刑事専門弁護士』(2016年/TBS系)や『陸王』(2017年/TBS系)など、連ドラ数話のみのゲスト出演でも鮮烈な印象を残した作品は多い。
 NHK連続テレビ小説『純と愛』(2012年)ではヒロインの相手役を演じ、実力派俳優としての存在感がお茶の間にも浸透。この頃はまだ、“歌って踊れるキラキラしたアイドル”の代名詞的存在であるジャニーズ事務所と彼がリンクしなかった人も多かったはずだ。その『純と愛』の完成会見では、脚本家の遊川和彦氏に「イケメンがヒロインを支えるのは見飽きた。普通のお兄ちゃんが女性を支える作品にしたいから、風間くんなんだ」と言われたことを自虐交じりで明かしている。演技力を磨くことでジャニーズ事務所でも独自の立ち位置を築いた風間だが、“歌って踊れるキラキラしたアイドル”という王道路線に乗れなかったことを悩んだ時期もあったようだ。
 MCを務めるNHK.Eテレの福祉番組『ハートネットTV』内企画『ブレイクスルー』の会見(2014年4月8日)では、さまざまな生きづらさを題材とした番組になぞらえて、自身の弱点を「ジャニーズ事務所はかっこいい人ばかり。そのなかで自分にできることは何だろうって考えたら、顔で張り合うことではなかった」と打ち明けている。さらに「ありがたいことに最近は俳優って言っていただけるようにもなった。顔で戦っても勝てないなら別の武器で戦おうって決断したことは、自分のウィークポイントでもあるし、弱点を愛せるようになったきっかけ」と苦悩を乗り越えた時期を振り返った。
 ちなみに風間は山下智久、生田斗真、長谷川純とユニット活動をしていた時代があり、アーティストとしてのトレーニングも積んでいる。舞台『イントレランスの祭』(2016年)の会見では、風間が旗を持ってダンスをするシーンについて作.演出の鴻上尚史氏が「やっぱりあの事務所だったんだねっていうくらい、びっくり。てっきり下手で俳優業に来たと思ったら、踊れましたよ」と驚くと、風間は「僕は踊れないって言っているんじゃなくて、“踊らない”」と訂正して会場を沸かした。ときに真摯に場を和ませるコメント力の高さは会見のみならず、バラエティ番組でも大いに発揮されている。
◆バラエティで見せる飾らない人柄も風間の好感度に
 4月より放送中のクイズバラエティ番組『林修のニッポンドリル』(フジテレビ系)では、“生徒”という立ち位置で出演。担任の林修と副担任の千鳥.ノブの進行を助ける的確なコメントを放ち、「本当にどうやったら、あんなにコメント力を鍛えられるのかっていうくらい素晴らしい」と林氏を感心しきりにさせていた。またノブも「収録中も何回か鳥肌が立ちました。林先生と僕が『こう考えてほしい』と思ってくれることを言ってくれる」と舌を巻き、「風間くんが副担任でも全然イケるので、ワンクール後にそうなっていないかと…」との不安を吐露した。その不安は的中し、風間は放送わずか2週間後に“学級委員長”へとスピード出世を果たしている。演技力を高く評価される俳優でありながら、バラエティで見せる飾らない人柄も風間の好感度につながっているようだ。
 また、5月15日放送の『マツコの知らない世界SP』(TBS系)では、自らの得意ジャンルとして「東京ディズニーランドの世界」を持ち込み企画として披露。11歳より年間パスポートを23年間更新し続けているという風間は、ディズニーランドの建造物からストリート、そしてゴミ箱とマニアックなチョイスで熱弁をふるい、マツコを「この番組によく来られるタイプの方とほとんど同じね」とうならせた。そして、同番組の総合演出の坂田栄治氏も「まさか台本書きや取材まで自ら買って出てくださるとは思ってもいませんでした。企画の着眼点は、十分すぎるほどのマニアックさでユニーク。正直驚きました。トークも何時間でも聞いていたいほど魅力的でした」とそのレベルの高さに月兑帽している。
◆いい意味での優等生的な安心感のある風間が『ZIP!』に適任
 さらに10月1日からの本登場を前にした9月24日放送の『ZIP!』では、レポーターとしてディズニーランドからの生中継を敢行。その溢れるディズニー愛と安定したレポートぶりに、ネットでは「ディズニー中継ベテラン感がすごい」「紹介の仕方が上手すぎる」「風間くんの安定感。朝の番組にもピッタリ」と話題と共感が集まった。また「桝さん、海荷ちゃん、楽しいです!」と呼びかけるなど、スタジオとのコミュニケーションも良好で、桝太一アナから「内容も尺も完璧です」と絶賛されるひと幕もあった。
 弱点を克服した実力派で、人柄も親しみやすい。そんな優等生ぶりを「堅い」と評する向きもある。10月8日の『ZIP!』放送後には、同系列の『スッキリ』に生出演。「初回がいろいろなアクシデントとかもあって、生放送ってこういうことがたくさんあるんだなと」と振り返り、「観てくださる方にもいろんな朝があると思うので、すべての朝に寄り添っていきたい」と風間がコメントすると、『スッキリ』MCの極楽とんぼ.加藤浩次から「なんでそんなちゃんとしたコメントばっかり言うの。もっと適当でいいのよ」という指摘が飛んだ。風間もまた、「優等生という殻を破りたい気持ちもあります」と打ち明けている。しかし、同じ朝の情報番組でも、社会問題にも舌鋒鋭く切り込む『スッキリ』と、爽やかな朝の目覚めを視聴者とともに迎えるイメージの『ZIP!』とでは雰囲気も内容も異なる。そして『ZIP!』のパーソナリティには、いい意味での優等生的な安心感のある風間がふさわしいのではないだろうか。
 リオパラ五輪と平昌パラ五輪では、NHKのハイライト番組『パラリンピックタイム』の現地リポーターを務め、選手へのインタビューや中継での付け焼き刃ではないコメントに絶賛の声が上がり、その実力派は折り紙付き。童顔なルックスだが、現在35歳。2013年には30歳の節目に、10年間交際していた一般女性と結婚。地に足のついた活動を続け、俳優としてのたしかなポジションを確立した風間。そして朝の顔として老若男女幅広い層が触れる存在となった今は、パーソナリティとしての今後のあり方によって、俳優としてもさらなる飛躍につながる正念場の時期でもある。
(文/児玉澄子)

最終更新:10/15(月) 7:50
コンフィデンス

"

回复

- 652 - 今16日(火)夜7時2018/10/16 4:52:00

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000099-spnannex-ent

"

生田斗真、クドカン大河「いだてん」トークショー 来年1月“ルーツ”の鹿児島で開催

10/15(月) 11:50配信

图片点击可在新窗口打开查看

NHKの次期大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に出演する俳優の生田斗真(34)が19年1月13日に鹿児島県霧島市の霧島市民会館でトークイベントを行うことが15日、分かった。生田は中村勘九郎(36)が扮する金栗四三(かなくり.しそう)とともに日本人として初めてオリンピックに出場した選手、三島弥彦を演じる。
 「いだてん」は連続テレビ小説「あまちゃん」(13年前期)をヒットに導いた人気劇作家の宮藤官九郎(48)が大河ドラマの脚本を初担当し、20年の東京五輪を控え「日本と五輪」をテーマにしたオリジナル作品。日本が五輪に初参加したストックホルム大会の1912年から東京大会の64年までの52年間を描く。
 勘九郎と阿部サダヲ(48)がダブル主演。勘九郎は「日本のマラソンの父」と称され、ストックホルム大会に日本人として五輪初参加した金栗四三、阿部は水泳の前畑秀子らを見いだした名伯楽で64年東京大会招致の立役者となった新聞記者.田畑政治(たばた.まさじ)を演じる。
 生田が演じる日本人初のオリンピック選手.三島弥彦のルーツは鹿児島。弥彦の父、三島通庸(みちつね)は西郷隆盛大久保利通とともに幕末に活躍した薩摩藩士で、西郷らと共に活動した精忠組メンバーの一人。18年大河「西郷どん」から父.通庸を通じて弥彦へと登場人物にもつながりがあった。
 生田はトークショーで撮影現場の裏話やドラマの見どころを語る予定。開催する1月13日は第2話放送日で、縁のある地、鹿児島でのトークショーが注目を集めそうだ。

最終更新:10/15(月) 13:15
スポニチアネックス

"

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181015-00165773-the_tv-ent

" 長谷川純、“この差”初登場も「実はバラエティーが苦手」

10/15(月) 21:51配信

图片点击可在新窗口打开查看

10月16日(火)の「この差って何ですか?」(毎週火曜夜7:00-8:00、TBS系)に、長谷川純が初登場する。

图片点击可在新窗口打开查看

初登場となる長谷川純(写真右から2番目)。そばのポーズは決まってる!?
長谷川は「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)シリーズをはじめ、ドラマや舞台を中心に活躍するジャニーズ事務所所属の実力派俳優だ。
「実はバラエティーが苦手」と語り、出演することはほとんどないという長谷川。
最初こそ緊張した様子を見せていたが、MC.加藤浩次やレギュラーの土田晃之、上地雄輔らの助けもあり、表情にも徐々に余裕が生まれていく。
同放送では、ヘルシー食品の代表格.そばを特集。人気の具材8種類から、疲労回復効果や免疫力アップに効果的な食べ合わせを予想する他、老舗店のそば職人が教える「自宅でできるおいしいおそばの作り方」を紹介する。
番組初登場の長谷川は、果たして“結果”を残すことができるのか?(ザテレビジョン)

最終更新:10/15(月) 21:51
ザテレビジョン

"

回复

跳转→首页主版外传 黑犬J禁万能站务Johnnys-BBS图志 photo购物 shopping

243333条/页,25页

<20 21 22 23 24 25
→ 回复:~♂★PT29★一番仲が良い人よ月が奇麗だから一緒に見なよ☆

昵称: * 必填

内容限制: 字节